• taoka0082

長胴太鼓を修理させていただきました。

更新日:2021年9月16日

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。


この度ご縁があり長胴太鼓の修理をさせていただきました。


両面の皮が破損していましたので皮の張替えと、木製の箇所をサービスで塗り替えをさせていただきました。以下が修理前の長胴太鼓です。

修復後がこちらになります。



約3週間で修理が出来ました。お客様にも大変喜んでいただけました。京都の職人さんとご縁頂きましたお客様に感謝です。


この度は、地元の剣道をされている方からのご依頼でした。嫁がなぜ剣道で長胴太鼓が必要なの?と尋ねてきました。過去に剣道をしていた(中学校まで)人にとっては当たり前かもしれませんが、経験がなければわからないかもしれません。


剣道は防具をつけます。面をつけますと声が聞こえにくいのと、周りも声を出して稽古をしていますので音が聞こえにくいので、時間を知らせるために太鼓の音を鳴らすんですよ!と教えますと、なるほど!といった顔をしていました。


完璧な修理ですのでしばらく使用できますので剣道頑張っていただきたいです。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示