田岡仏壇通信

総合案内

お仏壇の引越 お墓の引越 改葬の手続について

2015-02-19

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。

 

今回は【お仏壇・お墓の引越】についてです。

 

先月あるお客様から県外から岡山にお仏壇の引越のご依頼があり行ってまいりました。まず、お仏壇を引越をする折りはお寺様に魂抜きをしていただくことが必要です。その後弊社で梱包をして新しい場所に設置をし、再びお寺様に魂を入れて頂き終了となります。

 

費用はお仏壇の大きさ、移動距離で見積もり、それとは別にお寺様への費用となります。また最近よくお問い合わせ頂くお仏壇の処分、これもお仏壇の大きさと移動距離で見積もりをさせていただいております。以上がお仏壇についてとなります。

次にお墓の引越についてですが、お客様により様々ですが一般的な例でご説明させて頂きます。現在埋葬されたご遺骨を、他の墓地や納骨堂へ移すことを改葬といいます。

 

簡単に申しますと『お墓を引っ越す』こと、『すでにあるお墓から改めて再葬し、供養する』ことです。

【改葬の流れ】

改葬を行うには市町村に改葬申請を行い許可を得なければなりません。

1、新墓所の購入

まずは気に入った墓所(新墓地)を購入します。

2、新墓所の管理者から【受入証明書】を発行してもらいます。

永代使用承諾書【霊園使用許可書】でも代用できる場合もあります。

3、改葬許可申請書の記入

旧墓地所在地の役所で【改葬許可申請書】をもらい必要事項を記入します。

4、改葬許可申請書への署名・押印

旧墓地管理者から【改葬許可申請書】に署名・押印していただく。

5、書類の提出・改葬許可書の発行

旧墓地所在地の役所に【改葬許可申請書】【受入証明書】を提出し、改葬許可書

を発行していただきます。

6、供養・抜魂式

旧墓地にておいて供養・抜魂式を行いご遺骨を取り出します。

7、新墓地へ

ご遺骨と【改葬許可証】・【永代使用承諾書】を新墓地管理者に提出、新墓地にて供養入魂式を行った後納骨という流れになります。

 

お墓じまいの際に、更地の状態で管理者(寺院様)へ返却することになりますので、現在のお墓の撤去、墓所を整地する工事、ご遺骨を取り出す作業、抜魂のご準備等弊社で承ります。

 

お墓の場合、仏壇と違いかなり手続き等の作業が伴います。また上記以外に気をつけておかないこともございます。一例ですのでご不明な点がございましたらお問い合わせください。

 

 

ページ上部へジャンプ