田岡仏壇通信

未分類

北海道苫小牧市へ、そして厚真町へ、そしてまさかの再会

2019-11-04

ブログをご覧いただきましてありがとうござます。感謝です。

先月の話になりますが北海道苫小牧市へ行ってまいりました。現在私は岡山南ロータリークラブへ所属しているのですが、今年の事業で「全国被災地こどもDAGASHIリレー」が来年開催されるのですがそのお願いに同行いたしました。事業名の通りなんですが、被災に合われた地域の子供たちにお菓子を渡し笑顔になってもらうという事業です。

岡山空港から千歳空港まで約2時間。その後電車で約30分。岡山空港を8時15分の飛行機で出発し、目的地の苫小牧駅には11時過ぎには到着していました。本当に早いです。

当日は苫小牧東ロータリークラブの例会に参加しました。その後開催地予定の厚真町へと車を走らせました。約1時間ほどで厚真町役場へ到着しました。

道中、昨年の北海道東部を襲いました震災の爪痕を見ることが出来ましたが、大変な状態でした。

打ち合わせも終わりころ、副町長さんから実は現在岡山から来られて仕事をされておられる職員さんがおられ、今日我々が来ることを伝えたところ是非お会いしたいと言っているのですが、よろしでしょうか?と言われました。もちろん大丈夫ですよ!とこちらが返事をしましたところ、部屋に入ってこられました。

順番に名刺交換をはじめ、私の順番になり、田岡と申します。と申し上げたところ、あ!田岡さん、久しぶりです!と言われました。

初めて来る厚真町、もちろん厚真町役場も初めてで、え!?と思いながらお顔を拝見するのですが一瞬解らず、お名前をお聞きし、さらに、え!?。

18年前、岡山市東区の無量寿院様で芥子山会陽を立ち上げ、現在も当然継続しているまつりですが、立ち上げ当時に大変お世話になった方で、現在北海道におられることは聞いていましたが、本当にまさかの再会でした。同席していた方も一堂に驚かれていました。

その後会場を下見したのですが、私は終始思い出話をしていました。今日はどこに泊まっているの?泊まっていくか!と声をかけていただきました。今回の事業と、今日の事業をお話し、じゃまた来年と言って厚真町を後にしました。

帰りの車中もびっくりしたな!といったお話になりました。

 

ページ上部へジャンプ