田岡仏壇通信

総合案内

田岡仏壇店、来月3月から46年目を迎えます。

2016-02-28

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。

 

タイトル通り、明後日3月より46年目となります。私は平成7年入社なので21年目・・・過ぎてしまうと早いですね。

弊社は元は徳島県三好市池田町でタオカ製作所という唐木仏壇の製造メーカーとして父が創業させました。仏壇のぶの字も知らない父が試行錯誤を重ね立ち上げた会社です。そのもとは祖父が家具屋を営み長男に譲り、父は次男で、祖父からこれからは仏壇が売れるから!の声掛けで創業したと聞いています。

 

家具の作業場を借り、ようやく形になり始めたころ工場を建設したのですがその工場が火事で全焼。また作業場に戻り、次の工場を建設しました。

 

その工場は当時としましてはかなり大きい工場でした。と言いますのが仏壇の製造は分業制が多く、また徳島市内に多くの工場がありました。弊社は池田で徳島まで車で約2時間。これでは時間のロスがですということで一貫体制の工場を建設しました。今考えても私には到底できないことで父の偉大さを感じています。

 

なぜ岡山に田岡仏壇店が?

 

製造した仏壇を小売店に販売するのですが徳島から配達していたのですがお客様が全国となりましたので、父が岡山に営業所として田岡商事という卸専門の会社を昭和43年に設立させました。岡山から中国・九州地方の小売店様に仏壇を卸していました。

 

その後現在の地となりますが東区藤井に新しい土地を確保しましたことから平成2年に移転、その時に田岡仏壇店と社名を変更させました。ですから田岡仏壇店という社名は創業は46年目になりますが、この世に出ましてまだ26年ほどになります。またこのころから少しづつですが一般の方への小売販売も始めました。

 

平成7年に入社し、5年がたった平成12年12月父が他界しました。父とは5年間ともに仕事をさせていただきましたが、その間も体調を崩したりでともに仕事をしたのは数年だったと思います。

 

父が他界したことを期に徳島にあります工場を閉鎖することをきめましてその5年後平成17年に解散いたしました。当時も多くの社員様がいました。今でも社員の皆様には大変お世話になったこと感謝を致しております。退職される際、今までありがとうと言っていただいたことは今でも忘れられません。また最後工場を出るとき建物をみて涙をしたことを思いだします。

 

工場を解散して、もう10年が立ちます。これも、過ぎてみましたらあっという間です。あの頃は本当にいろんなことがありすぎて大変だったなと今思い出しました。でも多くの方にお世話になり、支えられて経営ができたと感謝しています。

 

私が入社した平成7年も総勢5名という小さな会社でしたが、現在も5名。20年経ちましたが変わらず・・・。良くも悪くも変わらずお客様のおかげで商売をさせていただいております。

 

仏壇の製造卸から仏壇の小売販売。現在は墓石の販売修理、満中陰のギフトの販売もさせていただいています。

 

少人数体制ではございますが、お客様から愛される会社として、またかわいがっていただけるよう努力し続けて参りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社 田岡仏壇店

代表取締役 田岡良一

ページ上部へジャンプ