田岡仏壇通信

総合案内

インド2日目(ラジギールへ)

2013-11-01

ブログをご覧いただきましてありがとうござます。感謝です。

2日目はホテルを朝5時に起きてデリー空港を7時20分に出発、国内線で約一時間半後

パトナ空港へ到着しました。気温も30度近くあり半袖で十分でした。

いよいよインドの地を走り始めたのですが、何やら外が騒々しいのです・・・。

インドでは当然のようですがクラクションの嵐・・・。前の車が止まればクラクション!

割り込んで来たらクラクション!車の横を通っているバイクもクラクション!

信号はほとんどなく、十字路はほとんどがスクランブル交差点。よく事故が起きないなと思うほどでした。

割り込み、追い越しは当然で、とりあえずクラクション!!

片側2車線で前の車が遅ければ必ず追い越します。反対車線も確認はしているようですが、反対車線の車が

近づくとお互いがクラクション!そんな中2時間ほど走ったでしょうか・・・。やがて大渋滞に・・・30分くらいは停車。

道は町中に入ると砂煙が舞いアスファルトは敷いてありますがほとんどガタガタ道。

牛は神様と言われているようで道のそこらじゅうに牛さんが団体で道を横断。

というわけで、道路には車・バイク・自転車・歩行者・(動物・・牛・馬・犬)が入り乱れて

いました。添乗員さんもベテランでしたのでそのあたりも計算をしてスケジュールを組んでいたのですが

2日目は予想以上の渋滞で予定を変更してナーランダ大学跡地の観光だけになりました。

世界最古の仏教の大学で、ゴータマ・ブッタが教えを説いたといわれています。

敷地は広大でした。

その後ホテルへ向かい、食事はインド米やナンにカレーでした。それほど辛くはなく

日本人用に作っていただいているのかな?と思いました。

次の日も朝5時起きでしたので早めに寝ました。

続きはまた後日に記載します。

ページ上部へジャンプ