仏事よろず相談

トップページ 仏事よろず相談 墓じまい

墓じまい

将来のための前向きなお墓の処分

「継承者がいなくてお墓参り・管理ができない」「山の上にあってお参りしにくい」「古いお墓が沢山ある」など将来を考えてお墓を処分(墓じまい)をされる方が増えています。「墓じまい」はその言葉が示す通り「お墓を解体・撤去」することで墓の移転とは違います。お墓自体を寺院や霊園からなくし、更地に戻すのが一般的です。今まで受け継いできた墓を無縁墓にしないために・子供達の負担にしないために、という前向きな考え方から墓じまいという選択をすることも、先祖への想いを大切にするからこそと言えるでしょう。

*改葬の手続きは岡山市のホームページをご参照ください。

http://www.city.okayama.jp/shimin/seikatsu/

 

墓じまいの手続きと流れ

①今あるお墓の管理者(菩提寺の住職様)に事情を相談され、改葬についてご了承いた だきます。

②引越し先の墓所(墓地)を決めて、管理者に受入証明書を発行していただきます。

③既存のお墓のある市町村役場で改葬許可書の用紙をもらいます。

④既存のお墓の管理者から改葬許可申請書に署名、捺印していただきます。

⑤完成した改葬許可申請書と受入証明書を既存のお墓のある市町村役場に提出して、改葬許可証明書を交付してもらいます。

⑥ご遺骨を取り出す際にはお寺様に「魂抜き」の儀式をしていただきます。

⑦魂抜きを終えた後、墓石を解体撤去・整地して現状の状態に戻します。

⑧ご遺骨をお寺(永代供養・納骨堂・合祀)などへ安置して供養していただきます。

【工事前】              【工事後】

    

ご遺骨の流れ

墓じまいをしますとご遺骨のその後の行き先を決めなければなりません。基本的には菩提寺様にご相談されることをお勧めいたします。場合によりましては弊社の方でご紹介もさせて頂きます。一般的には菩提寺様へ永代供養(一時的なのか永代か)、寺院様に納骨堂があれば納骨堂、あるいは合祀という流れになります。

それぞれ金額も変わってまいりますのでご家族で十分にご検討してからご判断されることをお勧め致します。

納骨堂のご紹介

寺院様によっては納骨堂があります。形式によって費用が変わってまいりますのでお問い合わせください。一般的には三十三回忌・五十回忌を過ぎますと合祀になることが多いです。

弊社で施工させていただきました納骨堂のお寺様ごご紹介させていただきます。

岡山市北区田町  蓮昌寺様(日蓮宗) 納骨堂

http://renjyoji.com/

岡山市東区西大寺 西大寺観音院様(真言宗) 納骨堂

http://www.saidaiji.jp/

 

上記以外にも、岡山市東区広谷 無量寿院様など他にもご紹介できるお寺様がござます。

檀家様限定等、様々条件がある場合もありますので、お話をお聴きしてご紹介させていただきます。

 

 

墓じまいの金額について

まず、以下の点についてご確認いただきます。

①お墓の大きさ・・先祖墓・個人墓などのお墓本体の大きさ確認します。
②お墓の数・・お墓が何墓あるか確認します。
③その他・・お墓の境界になります巻石の有無また長さも確認いたします。

 

【墓じまいの金額について】

先祖墓(1墓)+戒名板1枚の金額 (税別)
7寸2重台先祖墓(7寸霊標付) 30,000円~
8寸2重台先祖墓(8寸霊標付) 65,000円~
9寸2重台先祖墓(9寸霊標付) 100,000円~
7寸3重台先祖墓(7寸霊標付) 80,000円~
8寸3重台先祖墓(8寸霊標付) 115,000円~
9寸3重台先祖墓(9寸霊標付) 160,000円~
巻石処分代 1m当たり 5,500円

また、お電話では確認できない所もありますので現地確認、あるいは写真で確認します。墓地によっては工事出来ない場合があります。例えば業者墓地です。業者墓地は指定業者がありますので墓地手帳等でご確認ください。

【上の表の見方について】

①まず棹石の横の寸法を測ります。もし7寸でしたら横幅が約21cmとなります。

②次に棹石の下の石が何段かを確認します。上記の場合でしたら3段となります。

【例】墓石の棹石の幅がもし7寸で、台座が3段の場合でしたら、80,000円~となります。

 

【巻石とは】

巻石とは先祖墓の周りを囲っている外柵の石のことを指します。例えば10mあったとしますと1m単価が5500円ですので、×10m=55000円となります。

上記の金額は先祖墓・戒名板のみとなっています。巻石やその他の石また墓地の形状等で、若干金額が変わる場合もあります。

合祀について

寺院様によって合祀といいまして、お骨を骨壺から取り出し、1か所にまとめて供養する合祀墓があります。
デメリットとしましてはその他大勢の方を一緒になりますので、例えば骨を取り出すといったことは出来なくなります。

 

少子高齢化、核家族化の影響で墓じまいをされる方が大変増えています。ご家族とゆっくりとお話をしていただくことをお勧めします。

ページ上部へジャンプ